どぅおーもこんにちわ!

チームDisitです。

早いもので9月も後半、あと少しで10月です。

すっかり涼しくなりましたね。

例年ですとこれから台風の季節ですが、

今年は少ないと良いですね〜。。。

というわけで!

今日もブログを書いていきましょう!

 

そして今回はPremier(Media Encoder)でのエントリーです。

最近やらせていただいた、

平均ラウドネス値を「-24.0LKFS」にして納品という

お仕事がありましたので、

その際の設定方法をエントリーしてみたいと思います!

 

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく見ていきましょう。

 

編集に使用する素材は入力レベルがバラバラです

映像編集時には様々な素材を組み合わせて編集していくわけですが、

インタビューシーンや人の会話のシーンなど、

マイクとの距離が違うため大きい声だったり小さい声だったり、、

また効果音やBGMなどもそれぞれバラバラだったりします。

そのため、各素材の音量のバランスを整えておく必要があります。

 

 

音量の基準値「ラウドネス値」

ラウドネス値とは、人が感じる「音量感」を数値化したものです。

放送業界などでは番組とCM、または番組によって

音量がバラバラにならないように、

基準値が設けられていて、「ターゲットラウドネス値」と呼ばれていて、

そのターゲットラウドネス値は「-24.0LKFS/LUFS」と定められています。

YouTubeにも基準値があるようですが、

こちらはUP時にYouTube側で強制的に基準値に合わせてくれるみたいです。

というわけで、サイネージなどでも放映場所によっては

基準が設けられている事もあるので、

納品時に、基準値に設定した上で最終的に書き出す必要があります。

 

まずは音量のバランスを整えましょう

それではまず、ラウドネス値ではなく

音量がバラバラな素材のバランスを整える方法を見ていきましょう!

■エフェクトコントロールパネルのボリュームエフェクト

上のオレンジ枠で囲んだ部分のレベルのパラメータを調整します!

※クリップ全体にかける場合はストップウォッチを押して外してから調整します。

調整する際は上のオレンジ囲みの部分、

オーディオメーターを確認しながら調整していきます。

私は複数のクリップを調整する際に

一番大きめの音のクリップに合わせて調整しています。

0を超えると赤くなり音割れしてしまうので、

そちら気をつけながら調整します。

 

ラウドネス値は書き出し時に設定することができます。

各クリップの音量調整が終わりましたら、

ターゲットラウドネス値の設定です!

こちら実は、Premierから書き出す際に項目があるんですよね♪

ファイル→書き出し→メディアで開く「書き出し設定」画面の

エフェクトタブの一番下にあります、

「ラウドネスの正規化」にチェックをいれます。

 

これで書き出せば、映像全体のラウドネス値を

ターゲットラウドネス値に設定して書き出してくれます!

 

バランス調整の方法その他

その他の調整方法をいくつか!

■オーディオクリップミキサー

再生ヘッドがあるクリップを表示し調整できます。再生ヘッドの部分に調整したいオーディオクリップを

まとめて調整なんかも可能ですね。

 

■エッセンシャルサウンド

こちらはクリップの種類によって最適な平均ラウドネス値を自動で一致してくれる機能です。

会話・ミュージック・効果音・環境音のなかから選択し、自動一致ボタンをクリックで、

それぞれ最適なラウドネス値に設定してくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後の書き出し時の設定は

あくまで動画全体のラウドネス値を

規定値に設定してくれるだけでなので、

編集時のバランス調整が大事になります。

 

基本的にサイネージコンテンツの納品の際は

単体のサイネージであれば放映するディスプレイによりますし、

音声無しで運用されているサイネージなどもあるので、

あまり意識することもないかと思われますが、

大型ビジョンサイネージなど

音声ありで運用されているサイネージなどは

様々なコンテンツが入稿されるので、

きちんと規定されているようです。

皆様の、もしもの時の参考になれば幸いです!

 

最後までご覧いただいた方ありがとうございました!

またお会いしましょう!

CONTACT

デジタルサイネージのことでお役に立てる自信があります。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:月~金 10:00~17:00/土・日・祝日 休み

『ディジットサイトを見た』と最初にお伝えください。
スムーズに担当者へおつなぎいたします。

新型コロナウイルスに対する社内外への感染被害抑止のため、
弊社では在宅勤務を導入しております。

電話が繋がらない場合は
こちらの電話またはメールにてお問い合わせください。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。