どーもこんにちは、デジタルサイネージ大好きTeam DISITです。

 

さて、いつもAfterEffectsについて書いておりますが、

今回は弊社で提供しているデジタルサイネージソリューション

『PORABO(ポラーボ)』について書いてみようと思います。

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく見ていきましょう。

そもそも、デジタルサイネージってなんだろう?

 

PORABOについて書く前に、

デジタルサイネージってそもそもなんだろう?

という方もいるかもしれませんので、まずはそこから!

だいぶ一般的になってきましたが、一歩外に出ますと

あらゆる場所にモニターが設置され様々な映像コンテンツが流れています。

駅や電車内で、オフィスビルエントランスやショッピングモールで、

飲食店の店頭や店内で、最近では墓地やセレモニーホールなんかにもありますね。

上記のような様々な場所で、モニターから映像コンテンツが流している環境を

総称して『デジタルサイネージ』と呼ばれています。

 

 

デジタルサイネージを運用する際、大きく2つの種類に分けられます。

 

・スタンドアローン型(ディスプレイ・スタンド一体型)

よく目にするのは飲食店の店頭などで使用されている、

ディスプレイスタンドに縦型モニターを設置しているタイプです。

以前はDVDプレイヤーを接続して動画コンテンツを流す運用が多かったですが、

最近はモニターにメディアプレイヤー機能があるので、USBやSDカードを直接差し込み

コンテンツをループ再生させ運用しています。

このように複数の端末管理や、複雑なスケジュール設定も必要なく、遠隔で管理する必要がない、

訴求内容もシンプルである、という場合に使用されます。

※中にはスタンドアローンタイプでも複雑なスケジュール設定機能が付いているものもあります。

筑紫樓丸の内店 丸ビル内5F 店舗前にサイネージ設置

 

・ネットワーク型

駅コンコースや大型ショッピングセンターにある沢山の大画面モニターや、

電車の中で扉の上あるモニター、多店鋪展開しているスーパーの各店舗のモニターなど、

これらは大抵の場合、ネットワーク型のサイネージソリューションで運用されています。

全ての情報はクラウドサーバー上にあり、運営はブラウザ上でコンテンツの管理・スケジュール設定

端末管理などを行います。各モニターにはプレイヤーソフトがインストールされたSTB端末が接続され、

運営が設定したスケジュールで番組が放映される。

以上のように多数のモニターを一括管理したい、遠隔で各拠点のサイネージを一元管理したい場合などに

ネットワーク型のサイネージが使用されます。

新宿プリンスホテル様の店内

 

で、PORABOってなんなの?

さて、そろそろ本題の弊社のサイネージソリューション『PORABO』について書いていきますよ。

『PORABO』はネットワーク型になります。

大きな特徴として、『PORABO』はHTML5と呼ばれるWebページを作成するフォーマットを用いた

Webベースのサイネージソリューションです。

 

そして、TVチューナー内蔵のブラビアとの組み合わせでは

サイネージ番組にTV画面を組み込むことができます。

ある時間はTVを流し、他の時間はサイネージでインフォメーションを放映なんて事もできますし、

TVとサイネージのエリアを分けて同時に放映なんて事も可能なんです!

 

さらにブラビアとの組み合わせの際はSTB不要です!

ブラビア本体にアンドロイドOSが入っているため、

STBを介さずサイネージが展開できるんです!

 

さらにさらに!ブラビアは4K画質対応ですので当然4Kサイネージを展開可能です!

仮にコンテンツが4KではなくFullHD動画であっても

ブラビアには4Kアップコンバート機能があり、違和感なく4K画質へ変換してくれるのです!

 

 

PORABOとは何かを駆け足で紹介してきましたが、

いかがでしたか?とても魅力的ではありませんか?

デジタルサイネージをこれから展開しようとお考えの方は是非ご検討いただければと思います!

 

次回は、世界シェア率ナンバーワンサイネージプレイヤー『BrightSign』に対応した

『PORABO for BrightSign』について書きたいと思います!

 

最後までご覧いただいた方ありがとうございました!

またお会いしましょう♪

デジタルサイネージ事業を手がける株式会社共栄メディア(本社:東京都新宿区、代表:錦山慎太郎)は9月13日、ブラビア対応Webベースサイネージソリューション「PORABO」を利用した冠婚葬祭向けサイネージシステム「PORABO for Ceremony」の提供を開始しました。

PORABO for Ceremonyは冠婚葬祭向けサイネージシステムで冠婚葬祭にて使用される看板をデジタルサイネージに置き換える新しいシステム。
これまで看板をデータ制作、印刷、配送にかけていたコストをPORABO for Ceremonyで解決。

PORABO for Ceremony最大の特徴は冠婚葬祭看板にて大きな課題となっている人名外字の表示に対して、各自治体の戸籍・住民票システムに長年提供してきた外字フォントのノウハウを持つイースト株式会社(本社:東京都渋谷区)とパートナーシップを結び、約1800文字もの人名外字の表示を可能にしている点。

従来の看板の場合、人名外字がある場合は外字を作成したりする手間がありましたが、このPORABO for Ceremonyを利用すれば作成の手間を無くし、そのまま表示する事が可能です。

イースト株式会社協力の元、WebベースサイネージシステムPORABOに同社人名外字PROV5をPORABOシステムに組み込んだ for Ceremonyを開発し提供を開始いたしました。

又、PORABO for Ceremonyは顧客管理システムとの連動を可能とし、csv連動にてサイネージに情報を表示させる事が可能です。

 

*ソニーおよびブラビアはソニー株式会社の登録商標です。
*人名外字Pro5はイースト株式会社の登録商標です。
*PORABOは株式会社共栄メディアの登録商標です。

■問い合わせ先

株式会社共栄メディア デジタルサイネージ事業部
https://disit.jp/

PORABO for Ceremonyページ
https://disit.jp/service/system/porabo-for-ceremony/

専用問い合わせフォーム
https://porabo.jp/f/inquiry.cgi

「PORABO」専用ページ
https://porabo.jp/

プレスリリースページ
https://www.kyoeimedia.co.jp/information/6544/

 

直通TEL(デジタルコンテンツグループ)担当:伊東
03-3267-6089

メール
disit@kyoeimedia.co.jp

■会社概要
株式会社共栄メディア
設立:1978年6月
代表取締役社長:錦山 慎太郎
所在地:〒162-0801 東京都新宿区山吹町306 共栄本社ビル
https://www.kyoeimedia.co.jp/

■事業内容
セールスプロモーション企画、販売促進に伴う企画~制作
什器、POP、印刷、イベント企画、キャンペーン企画
デジタルサイネージコンテンツ制作、PV作成
Web制作・運営管理、デジタルカタログ制作
スマートフォンアプリ制作
Tシャツプリント、ウェアプリント全般
ノベルティグッズ作成
商業印刷全般、その他特殊印刷
デジタル校正、平台色校正、本機校正

CONTACT

デジタルサイネージのことでお役に立てる自信があります。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:月~金 10:00~17:00/土・日・祝日 休み

『ディジットサイトを見た』と最初にお伝えください。
スムーズに担当者へおつなぎいたします。

新型コロナウイルスに対する社内外への感染被害抑止のため、
弊社では在宅勤務を導入しております。

電話が繋がらない場合は
こちらの電話またはメールにてお問い合わせください。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。