どーもこんにちは、デジタルサイネージ大好きTeam DISITです。

 

今年の夏はなんだか涼しいなぁ〜

って思っていた頃が懐かしい・・・

もうすっかり酷暑・・・溶けます。

さて、今回はPowerPointでのエントリー。

PowerPointでの作業中、このオブジェクト動かしたくないな〜

って時の対処法!まぁ・・もの凄い小ネタなんですが・・。

 

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく見ていきましょう。

ざっくりレイアウトを組んでみましょう

 

上画像のようにレイアウトを組んでみましょう。

一番後ろに、「レンガの画像」次に「アイスコーヒーの画像」、

そして左側に商品名と紹介文。

これだけシンプルだとそんなに困らないんですが、、、。

まぁ今回は分かりやすくこれでいきます。

動かしたくないオブジェクトはロックしておきたい!

そしてこのレイアウト作業につきものなのが、

レイアウト変更や微調整などです。

オブジェクトが増えて来ると

意図しないものを選択して動かしてしまい

後で大変な事に!!何てこともありますよね。

そこで動かしたくないオブジェクトに対して

イラストレーターのようにロックをかけられたら便利!!

という事でロック機能を探すも、、

まさかの、ありませんでした。。。

ロックに代わる機能は!?

そこで違う機能を代用して回避したいと思います。

まずは上の画像をご覧ください、

書式→オブジェクトの選択と表示を選択しますと

右側にタブが出て、現在のスライドにあるオブジェクトが

全て把握できます。

さらに分かりやすようにリネームしておくと良いですよ。

これで何ができるかというと、

各オブジェクトの表示・非表示や上下順を変更することができるのです。

例えば、文字要素や装飾罫は動かしたくない!

なんて時は下画像のように

動かしたくないオブジェクトを選択し、

目のアイコンをクリックして非表示にしましょう。

これで間違って選択して動かしてしまう心配はありません。

基本的に下にあるオブジェクトを選択する際に役立つと思います。

スライドマスタ表示

そしてもう一つ、

スライドマスタ表示があります。

上の画像のように

表示→スライドマスタを選択すると・・・

この画面になります。

スライドマスタで何ができるかというと、

ここに配置されたオブジェクトは全てのスライドに適用され、

スライドマスタ表示の時しか選択して動かすことができなくなるのです。

試しに後ろにあるレンガ画像をマスタに配置してみましょう。

上写真のように全てのスライドに適用されました。

元のスライドに戻り、レンガ画像を削除してみましょう。

削除してもレンガが表示されていますね。

これで間違って選択することもないでしょう!

 

いかがでしたか?

今回紹介した2つの機能を代用すれば

ロック機能がなくともなんとかなりそうですね!!

 

最後までご覧いただいた方ありがとうございました!

またお会いしましょう♪

デジタルサイネージ事業を手がける株式会社共栄メディア(本社:東京都新宿区、代表:錦山慎太郎)Disit事業部は16日、「スタイリッシュなスタンドで届いたその日からサイネージ」をキャッチフレーズにデジタルサイネージ専用オンラインショップ、-Disit Online-をオープンいたしました。

-Disit Online-
https://disit.thebase.in/

-Disit Online-では「スタイリッシュなスタンドで届いたその日からサイネージ」をキャッチフレーズに買ったその日からデジタルサイネージが開始できるようにモニターとスタンドがパッケージ化した商品を販売。

ディスプレイとディスプレイを取り付けれるスタンドを組み合わせている為、届いて組み立てるだけでデジタルサイネージが始められます。

またディスプレイは購入したけど表示させる映像がなくてわからないと言う声にお答えし、
パワーポイントにて作成したデザインテンプレートのダウンロード版の販売も取り扱いました。*1

パワーポイントがあれば簡単に文字を変更し、画像を変更するだけでオリジナルのサイネージコンテンツが作成できます。

これまでポスタースタンド等で掲示していたキャンペーン情報や、イベント情報、飲食店のメニュー等を
デジタルサイネージに変更し、より訴求力をあげる事ができます。
買ったその日からデジタルサイネージを運用できます。

また、ネットショップ開設実績2年連続NO1のBASEを使用する事により、お求め安い価格を実現。

*1
当デザインテンプレートはアスクル株式会社にて販売しているパッケージ版をダウンロード版に改変したものです。内容に変更はございません。

 

「スタイリッシュなスタンドで届いたその日からサイネージ」-Disit Online-
https://disit.thebase.in/

 

■問い合わせ先

株式会社共栄メディア デジタルサイネージ事業部「Disit」
https://disit.jp/

■専用問い合わせフォーム
https://thebase.in/inquiry/disit/

■プレスリリースページ
https://disit.jp/news/disitonline/

■直通TEL(デジタルコンテンツグループ)担当:伊東
03-3267-6089
メール
disit@kyoeimedia.co.jp

■会社概要

株式会社共栄メディア
設立:1978年6月
代表取締役社長:錦山 慎太郎
所在地:〒162-0801 東京都新宿区山吹町306 共栄本社ビル
https://www.kyoeimedia.co.jp/

■事業内容

セールスプロモーション企画、販売促進に伴う企画~制作
什器、POP、印刷、イベント企画、キャンペーン企画
デジタルサイネージ事業・運営・コンテンツ制作・設置施工。PV作成
Web制作・運営管理、デジタルカタログ制作
スマートフォンアプリ制作
Tシャツプリント、ウェアプリント全般
ノベルティグッズ作成
商業印刷全般、その他特殊印刷
デジタル校正、平台色校正、本機校正

※社名、ロゴマーク、商品名およびサービス名は各社の商標または登録商標です。

どーもこんにちは、デジタルサイネージ大好きTeam DISITです。

夏が来る、暑い夏が来る、もうすぐ夏ですね。

さて、今回はAfter effectsのフリースクリプトのご紹介。

フリースクリプト”BOXED”です。

任意のレイヤーの形に沿ってシェイプレイヤー枠をつけてくれるスクリプトです。

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく見ていきましょう。

ワンクリックで枠が付きます。

お馴染みのDISITロゴを使ってやってみましょうw

ウィンドウ→BOXED by Alohafx.jsxbinで下の画像のウィンドウが開きます。

そして右のOPENをクリックすると、

下のように”BOXED”のウィンドウが開きます。

しかも使用方法順になっている親切設計!!

さっそく付けてみましょう。

“2.create new or edit created”のcreateをクリックすると、

“3.choose the box style you want”で選択しているスタイルの枠が作成されます。

後で変更も可能です。しかもワンクリックで変更できるのが凄い!!

種類としては3種類ですね。

“4.CUSTOMIZE YOUR BOX”のところで、枠部分の調整ができます。

右の部分を調整すれば角Rの設定も、円にすることも可能です。

そしてその下の”text color”、”box color”で色変更ができます。

BOXEDを使えば、文字数の増減に合わせて枠のサイズをワンクリック調整可能。

 

いかがでしたか?

テキストだけではちょっと寂しいなぁなんて時に

サクッと使えちゃいませんか?

無料ですし簡単だし是非お試しあれ!

最後までご覧いただいた方ありがとうございました!

またお会いしましょう♪

CONTACT

デジタルサイネージのことでお役に立てる自信があります。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:月~金 10:00~17:00/土・日・祝日 休み

『ディジットサイトを見た』と最初にお伝えください。
スムーズに担当者へおつなぎいたします。

新型コロナウイルスに対する社内外への感染被害抑止のため、
弊社では在宅勤務を導入しております。

電話が繋がらない場合は
こちらの電話またはメールにてお問い合わせください。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。