STAFF BLOG

スタッフブログ

PORABOってなんだろう!?

By 映像制作クリエイター:m.hosaka Posted   ブログ

どーもこんにちは、デジタルサイネージ大好きTeam DISITです。

 

さて、いつもAfterEffectsについて書いておりますが、

今回は弊社で提供しているデジタルサイネージソリューション

『PORABO(ポラーボ)』について書いてみようと思います。

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく見ていきましょう。

そもそも、デジタルサイネージってなんだろう?

 

PORABOについて書く前に、

デジタルサイネージってそもそもなんだろう?

という方もいるかもしれませんので、まずはそこから!

だいぶ一般的になってきましたが、一歩外に出ますと

あらゆる場所にモニターが設置され様々な映像コンテンツが流れています。

駅や電車内で、オフィスビルエントランスやショッピングモールで、

飲食店の店頭や店内で、最近では墓地やセレモニーホールなんかにもありますね。

上記のような様々な場所で、モニターから映像コンテンツが流している環境を

総称して『デジタルサイネージ』と呼ばれています。

 

 

デジタルサイネージを運用する際、大きく2つの種類に分けられます。

 

・スタンドアローン型(ディスプレイ・スタンド一体型)

よく目にするのは飲食店の店頭などで使用されている、

ディスプレイスタンドに縦型モニターを設置しているタイプです。

以前はDVDプレイヤーを接続して動画コンテンツを流す運用が多かったですが、

最近はモニターにメディアプレイヤー機能があるので、USBやSDカードを直接差し込み

コンテンツをループ再生させ運用しています。

このように複数の端末管理や、複雑なスケジュール設定も必要なく、遠隔で管理する必要がない、

訴求内容もシンプルである、という場合に使用されます。

※中にはスタンドアローンタイプでも複雑なスケジュール設定機能が付いているものもあります。

筑紫樓丸の内店 丸ビル内5F 店舗前にサイネージ設置

 

・ネットワーク型

駅コンコースや大型ショッピングセンターにある沢山の大画面モニターや、

電車の中で扉の上あるモニター、多店鋪展開しているスーパーの各店舗のモニターなど、

これらは大抵の場合、ネットワーク型のサイネージソリューションで運用されています。

全ての情報はクラウドサーバー上にあり、運営はブラウザ上でコンテンツの管理・スケジュール設定

端末管理などを行います。各モニターにはプレイヤーソフトがインストールされたSTB端末が接続され、

運営が設定したスケジュールで番組が放映される。

以上のように多数のモニターを一括管理したい、遠隔で各拠点のサイネージを一元管理したい場合などに

ネットワーク型のサイネージが使用されます。

新宿プリンスホテル様の店内

 

で、PORABOってなんなの?

さて、そろそろ本題の弊社のサイネージソリューション『PORABO』について書いていきますよ。

『PORABO』はネットワーク型になります。

大きな特徴として、『PORABO』はHTML5と呼ばれるWebページを作成するフォーマットを用いた

Webベースのサイネージソリューションです。

 

そして、TVチューナー内蔵のブラビアとの組み合わせでは

サイネージ番組にTV画面を組み込むことができます。

ある時間はTVを流し、他の時間はサイネージでインフォメーションを放映なんて事もできますし、

TVとサイネージのエリアを分けて同時に放映なんて事も可能なんです!

 

さらにブラビアとの組み合わせの際はSTB不要です!

ブラビア本体にアンドロイドOSが入っているため、

STBを介さずサイネージが展開できるんです!

 

さらにさらに!ブラビアは4K画質対応ですので当然4Kサイネージを展開可能です!

仮にコンテンツが4KではなくFullHD動画であっても

ブラビアには4Kアップコンバート機能があり、違和感なく4K画質へ変換してくれるのです!

 

 

PORABOとは何かを駆け足で紹介してきましたが、

いかがでしたか?とても魅力的ではありませんか?

デジタルサイネージをこれから展開しようとお考えの方は是非ご検討いただければと思います!

 

次回は、世界シェア率ナンバーワンサイネージプレイヤー『BrightSign』に対応した

『PORABO for BrightSign』について書きたいと思います!

 

最後までご覧いただいた方ありがとうございました!

またお会いしましょう♪

Disit(ディジット)とは?

デジタルサイネージサービス『Disit』は、「Digital Signage Thinkers」=「デジタルサイネージを思考する」という意味を持たせ、デジタルサイネージ導入に関するプランニング、配信システム構築、運用管理、ディスプレイ、筐体、撮影・映像制作・コンテンツ制作などの事業展開をおこなっています。

プランナー、ディレクター、デザイナー、コンテンツクリエイターが集まりチームを編成しており、ユーザやクライアントの課題をみつけ、お客様に合った手法を模索し的確なご提案をさせて頂きます。

デジタルサイネージの導入、相談がございましたら共栄メディア デジタルサイネージ事業部「Disit」までお問い合わせください。

この記事を書いた人
映像制作クリエイター:m.hosaka

映像制作クリエイター:m.hosaka

映像制作のエキスパート。 主に大手メーカーのコンテンツ制作を手がける。 エンドユーザーに響く映像コンテンツの制作、提案を得意としています。 4Kコンテンツ制作までコンテンツ制作をトータルで手掛けます。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。


NEWS

お知らせ

製品・サービスのプレスリリース、実績追加、イベント出展などのお知らせ。