STAFF BLOG

スタッフブログ

AfterEffectsで金属感テキストアニメーションを作ってみよう!

By 映像制作クリエイター:m.hosaka Posted   ブログ

After Effectsのロゴ

こんにちは、デジタルサイネージ大好きTeam DISITです。

今回は少しリッチな演出、テキストを金属感満載にするテキストアニメーションを

おなじみAdobe AfterEffectsで制作する方法を書いてみたいと思います。

今回も基本的に有償プラグインは使用しておりません♪

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく作っていきましょう。

まずは元となるテキストを用意します。

文字ツールで今回は『DISIT』と入力し、天地左右センターに配置しましょう。

AfterEffectsの操作画面

あらかじめ用意しておいたテキストに映り込む画像を配置。

こちらの画像ですが、なんでも大丈夫ですが、明暗がはっきりしている画像の方が良いと思います。

画像をテキストレイヤー下に配置し、

エフェクト→スタイライズ→モーションタイルを選択します。

AfterEffectsの操作画面

パラメーターは下記のように設定します。

これで画像がタイル状に複製されます。

さらにミラーエッジにチェックを入れ、つなぎをスムーズにしておきます。

AfterEffectsの操作画面

次にこの画像レイヤーの位置にキーフレームを打ち、

下の画像のようにアニメーションさせます。

AfterEffectsの操作画面

そして、この状態で一度プリコンポーズします。

AfterEffectsの操作画面

プリコンポーズしましたら、トラックマットを『アルファマット』に設定します。

これでテキスト部分にだけ画像のアニメーションが流れるようになります。

AfterEffectsの操作画面

それでは金属感を演出していきましょう

エフェクト→ディストーション→CC blobbylizeを適用(一枚目)

エフェクト→スタイライズ→CC Glassを適用(二枚目)

パラメーターはそれぞれ画像のように設定。

CC Glassを一番上にしてください。

AfterEffectsの操作画面

AfterEffectsの操作画面

AfterEffectsの操作画面

さらに金属感を増すため新規で調整レイヤーを配置

新規調整レイヤーを追加します。

AfterEffectsの操作画面

次に色をつけていきます。

エフェクト→カラー補正→トーンカーブを適用

AfterEffectsの操作画面

ここのエフェクトはトーンカーブでなくても良いです、色々好みで試してみてください。

今回は下画像のように設定します。

AfterEffectsの操作画面

さらに新規調整レイヤーを追加し、

エフェクト→スタイライズ→グローを適用します。

グローのパラメーター設定をしながら、

いままで適用したエフェクトのパラメーターも色々と変更しながらお好みの感じに仕上げてください。

AfterEffectsの操作画面

あとは出現するアニメーションなどを追加して書き出してみましょう!!

完成!

Disit(ディジット)とは?

デジタルサイネージサービス『Disit』は、「Digital Signage Thinkers」=「デジタルサイネージを思考する」という意味を持たせ、デジタルサイネージ導入に関するプランニング、配信システム構築、運用管理、ディスプレイ、筐体、撮影・映像制作・コンテンツ制作などの事業展開をおこなっています。

プランナー、ディレクター、デザイナー、コンテンツクリエイターが集まりチームを編成しており、ユーザやクライアントの課題をみつけ、お客様に合った手法を模索し的確なご提案をさせて頂きます。

デジタルサイネージの導入、相談がございましたら共栄メディア デジタルサイネージ事業部「Disit」までお問い合わせください。

この記事を書いた人
映像制作クリエイター:m.hosaka

映像制作クリエイター:m.hosaka

映像制作のエキスパート。 主に大手メーカーのコンテンツ制作を手がける。 エンドユーザーに響く映像コンテンツの制作、提案を得意としています。 4Kコンテンツ制作までコンテンツ制作をトータルで手掛けます。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。


NEWS

お知らせ

製品・サービスのプレスリリース、実績追加、イベント出展などのお知らせ。