STAFF BLOG
スタッフブログ
公開日: 更新日:

After Effectsで『LED画面風アニメーション』を作ってみよう!

カテゴリー:ブログBy disit Posted

 

どーもこんにちわ!

チームDisitです。

だいぶ秋めいて参りました。

相変わらずの災害ネタですが、、

関東でも久しぶりの大きな地震!!

大震災が脳裏をよぎるほどでしたが、

余震に気をつけつつ、

皆さん備蓄なんかも忘れずに備えておきましょう!

と言う事で、今日もブログを書いていきたいと思います。

 

今回はAfter Effectsでのエントリーです。

テーマは『LED画面風アニメーション』です。

大型LEDビジョンなどを近くで見ると、

LED球の並びが見えますよね?

あのLED画面の感じを再現してみたいと思います!!

 

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく作っていきましょう。

 

そうだ!コンポジションを作ろう!

はい。そうですね、まずはコンポジションを作りましょう!

上画像のように設定します。今回は4Kサイズにします。

デュレーションは10秒で。

 

今回はチームDisitのLOGOを使用しちゃいます♪

そういえば、このロゴを使うの初めてかもしれませんねw

コンポジションの中にLogoデータを入れます。

イラレのLogoデータを使っていますが、

After Effectsで打ったテキストでも問題ないです!

次にこのLogoに4色グラデーションエフェクトをかけます。

色は下画像をご覧ください!(お好みの色にしてくださいね♪)

設定が終わったら、新しく「logo_led」というコンポジションを作成し

その中にlogoコンポジションを入れましょう!

そしてlogoの下に映り込み用のlogoを増やしたいので、

2つ収まるようにサイズを縮小します。

そして、複製します。

さらに、スケールパラメーターを開いて、

鎖マークを外して、高さの数値に−を入力します。

すると上下が反転したlogoになります。

反転した画像を任意の位置へ移動します。(バランスはお好みで♪)

次に、反転したlogoにエフェクト「ブラー(方向)」を適用しましょう。

床への写り込みにリアリティーがでますよね!

さらにエフェクト「リニアワイプ」を適用し、

下画像のように設定します。

距離が離れるほど暗くなるようにすると

さらにリアルになると思います♪

 

 

ここからLED画面風のdotを作っていきます!

上画像のように新規平面を作成します。

作成したら、エフェクト「Ball Action」を適用します。

下の映り込み用にも必要ですので、

コンポジションを複製し、logoコンポジションの上に配置します。

それぞれ用意したdotコンポジションをlogoコンポジションで抜きたいので、

logoコンポジションのトラックマット設定を「アルファマット」にすると

下画像のようになります♪

続いて簡単な動きつけの為、カメラレイヤーを作成し、

その中へ入れます。※log_ledには3dのチェックを入れておきましょう。

カメラがlogoからゆっくり離れていって止まる動きにします。

位置パラメーターのZを調整して、logoがはみでるくらいの位置から

大体5秒後くらいに真ん中あたりで収まるように設定します。

開始時に見えないように、logoの方に不透明度を設定しておきます。

大体2秒くらいで現れるぐらいにしておきましょう。

 

LEDの発光している感じをつけていきましょう

ここまでできたら、LEDの発光している感じをもっと盛っていきたいと思います!

まずはlogo_ledのレイヤーにエフェクト「グロー」を適用し、発色を上げます♪

さらにレイヤーを複製し、描画モードを「加算」にします。

さらにさらにもう一つ複製し、LEDの光源を作ります。

エフェクト「チョーク」を適用し、下画像のようにドットの周りを削ります。

光源のサイズが決まったら、エフェクト「塗り」を適用し、

カラーを白にします。

最後に調整レイヤーを作成し、エフェクト「グロー」を適用。

これで全体の発光感を出します。

そのままですと強すぎるかもしれないので、

調整は不透明度で行います!今回は20%まで落としてみました。

これで設定は完了です!

あとはlogoの後に、、、

 

完成

LED画面風のアニメーション、いかがでしたか?

小さい画面だと、、ちょっとモアレてますね、、、。

小さな粒々の集合体は嫌いな方もいらっしゃるとは思いますがw

色々なアニメーションを元に作れば表現の幅も広がりますし、

様々な応用ができそうですね♪

ラストはお猫様の友情出演で締めさせていただきましたw

 

最後までご覧いただいた方ありがとうございました!

またお会いしましょう!

Disit(ディジット)とは?

デジタルサイネージサービス『Disit』は、「Digital Signage Thinkers」=「デジタルサイネージを思考する」という意味を持たせ、デジタルサイネージ導入に関するプランニング、配信システム構築、運用管理、ディスプレイ、筐体、撮影・映像制作・コンテンツ制作などの事業展開をおこなっています。

プランナー、ディレクター、デザイナー、コンテンツクリエイターが集まりチームを編成しており、ユーザやクライアントの課題をみつけ、お客様に合った手法を模索し的確なご提案をさせて頂きます。

デジタルサイネージの導入、相談がございましたら共栄メディア デジタルサイネージ事業部「Disit」までお問い合わせください。

この記事を書いた人
disit

Disitのコンテンツ制作事例

CONTACT

デジタルサイネージのことでお役に立てる自信があります。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:月~金 10:00~17:00/土・日・祝日 休み

『ディジットサイトを見た』と最初にお伝えください。
スムーズに担当者へおつなぎいたします。

新型コロナウイルスに対する社内外への感染被害抑止のため、
弊社では在宅勤務を導入しております。

電話が繋がらない場合は
こちらの電話またはメールにてお問い合わせください。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。