NEWS

お知らせ

第5回エンディング産業展に出展いたしました。(Life Ending Industry EXPO 2019)

By デジタルサイネージプロデューサー:shingo Posted   お知らせ

この度、株式会社共栄メディアデジタルコンテンツグループは東京ビッグサイト西2ホールで行われる国内最大級の葬儀・埋葬・供養などの終活に関する設備・機器・サービス専門展「第5回エンディング産業展」の京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社ブースにてパートナー出展いたしました。

 

葬儀看板に必須の人名外字表示を可能にしたPORABO for Funeralを展示いたしました。

 

PORABO for Funeralはこれまで何かと手間のかかる葬儀看板制作のアレやコレ…その手間暇掛かっていた葬儀看板制作を

解決する為に開発されたサイネージシステムで葬儀看板で課題となる人名外字に関しても約1800文字の

人名外字表示に対応させる事が可能な人名外字対応サイネージ配信システムとなっております。

さらに顧客管理システムとの連動を行う事により自動で葬儀看板に人名外字を表示する事を可能としました。

 

展示内容

人名外字対応サイネージ配信システム「PORABO for Funeral」

屋外用サイネージモニター「ODS46S」

屋内用サイネージモニター「FW-43BZ35F」

屋内用サイネージスタンド「SS-HNG11-(NA11)」

 

 

Disit(ディジット)とは?

デジタルサイネージサービス『Disit』は、「Digital Signage Thinkers」=「デジタルサイネージを思考する」という意味を持たせ、デジタルサイネージ導入に関するプランニング、配信システム構築、運用管理、ディスプレイ、筐体、撮影・映像制作・コンテンツ制作などの事業展開をおこなっています。

プランナー、ディレクター、デザイナー、コンテンツクリエイターが集まりチームを編成しており、ユーザやクライアントの課題をみつけ、お客様に合った手法を模索し的確なご提案をさせて頂きます。

デジタルサイネージの導入、相談がございましたら共栄メディア デジタルサイネージ事業部「Disit」までお問い合わせください。

この記事を書いた人
デジタルサイネージプロデューサー:shingo

デジタルサイネージプロデューサー:shingo

デジタルサイネージを中心にデジタル案件をプロデューサーの立場で動かしている、サイネージに関する企画提案、設置、コンテンツ制作の相談まで一括にて行います。 サイネージ関するシステム開発、アプリ開発、STB開発まで手掛けています。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。


NEWS

お知らせ

製品・サービスのプレスリリース、実績追加、イベント出展などのお知らせ。