前回のブログ「デジタルサイネージコンテンツの種類とその重要性 」で、サイネージコンテンツの種類と重要性について話させていただきましたが、今回は「デジタルサイネージコンテンツ」を制作するにあたりどのように考えていけばよいのかを、『目的にあわせたコンテンツ作り』に重点を置いて説明していきます。

目次
1.コンテンツの制作の基本
2.コンテンツの依頼の手順
3.静止画・動画・Webコンテンツ何が最適?
4.制作期間ってどのくらい?
5.コンテンツの作成費用ってどのくらいかかるの?
6.まとめ

サイネージで何が一番大事かをよく考え『目的にあわせたコンテンツ作り』が重要になりますので、サイネージの設置の仕方・店舗の立地・ターゲット層などによってポイントが変わってきますので、アピールの仕方や目を引かせる方法を十分に練ってほしいと思います。

1.コンテンツの制作の基本

考え始める前に、コンテンツ制作はどのような流れで作られているかを覚えておきましょう。

何も考えずにいきなりコンテンツ制作の依頼をするのはおすすめしません。無計画に依頼してしまうと後で二度手間になってしまいやり直しの可能性が高くなるからです。
もし、やり直しになってしまうと余計な作業工数が掛かってしまい大幅な時間のロス・追加費用が発生してしまう恐れがあるので要注意です!!

それでは、前置きが長くなりましたがコンテンツ制作を依頼するときのポイントについて話していきますので、上記を踏まえて考えていきましょう。

 

2.コンテンツの依頼するときの『3つのポイント』

ポイント1.「目的をハッキリと」

まずは、どのようなターゲット層にどのようなものを一番伝えたいのかを整理しましょう。
ここが後々ブレてしまうと、視聴者側にもうまく伝わらず意味のないコンテンツになってしまう可能性があります。なので目的がブレないようにスタッフ・関係者でよく話し合い意識の統一を目指してください。

ポイント2.「設置空間に合わせたコンテンツに」

伝えたいことだけを考慮することも大事ですが、設置場所に合わせたコンテンツ作りも大切です。時間や場所によって見るターゲット層が変わるからです。視認性・可読性・視認秒数などを意識した上で考えていきましょう。

ポイント3.「ブランディングを意識しよう」

デジタルサイネージはたくさんの人の目に触れるもので、内容とともにデザインも多くの人に見られるため、低品質のコンテンツではブランド価値を損ねてしまう可能性があります。

デジタルサイネージを最大限に活用するためにも、上記の3つのポイントを意識してみてください。

 

3.静止画・動画・Webコンテンツは何が最適?

上記の3つのポイントについてある程度理解していただいと思いますが、
では、いざ依頼しようと思った時に、どのようなコンテンツの種類「静止画・動画・Webコンテンツ」が最適なのか悩むと思います。
それぞれに特性がありますので、下記にて詳しく説明していきます。

コンテンツを依頼する前には何を盛り込みたいのか、
どういった情報が必要になるのか整理しコンテンツの制作方法を考えていきましょう!!

前回のブログ「デジタルサイネージコンテンツの種類とその重要性 」記事も参照のうえお考えください。

 

4.制作期間ってどのくらい?

制作内容・ボリュームによって変わってきますが、、、

静止画:撮影無し「3〜7日間」/撮影有り「2〜3週間」

動画:撮影無し「1ヶ月」/撮影有り「1.5〜2ヶ月」

Webコンテンツ:「2〜3ヶ月」

あくまで参考程度にお考えください。内容によっては短くも長くもなってきます。
また、納品希望日・放映日など期限が決まっている場合は事前に伝えた方がベターです。
制作内容にも制作期間が影響してきますのでなるべく余裕を持って依頼しましょう。

 

5.コンテンツの作成費用ってどのくらいかかるの?

おそらく、ここが一番気になるところかもしれませんね。
弊社の場合の参考価格を載せさせていただきます。

静止画:撮影無し「3万〜」/撮影有り「15万〜」

動画:撮影無し「10万〜」/撮影有り「25万〜」

Webコンテンツ:「30万〜」

※撮影無しの場合、写真・動画素材をご提供願います。

後は、費用の話しでよく聞くのが、、、
いきなり「いくらでできるの?」「○○万でできる?」というお客様がたまにいらっしゃいますが、
正直に申し上げますと、内容が見えていない状態で「○○万できます」と即答できないのが実情です。
そこで、考えていただきたいのがコンテンツにどのくらい予算を割けれそうかをお考えください。
その予算を伝えていただければ、その予算に合わせた最大限の提案ができます!!
難しいかもしれませんが、事前に少しでも考えていただけると世の中の制作会社さんは助かります!!

 

6.『まとめ』

ここまで、長々とコンテンツ制作依頼方法について話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
少しはコンテンツ制作のイメージがつきましたか?
最後に気をつけていただきたいのが、世の中には低コストで制作する会社が沢山ありますが、
よく考えて依頼しましょう。せっかく頼んだのに「仕上がりに満足いかない」「集客効果が現れない」などなど、、、
デジタルサイネージで放映するコンテンツは、その店舗・施設の顔になりますので、コンテンツが低品質にならないようプロの業者に依頼するのがおすすめです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

目次
1.コンテンツの種類
2.静止画コンテンツ
3.動画コンテンツ
4.Webコンテンツ
5.コンテンツの制作依頼方法
6.まとめ

1.コンテンツの種類

街の中で多く見かける様になってきたデジタルサイネージ(電子看板)ですが、まだまだ導入してみたいが何をどうしたらよいかわからない方がいらっしゃいます。
そこで、今回はデジタルサイネージの中で最も重要なコンテンツについて詳しく話していきたいと思います。

まず、現在サイネージを利用している多くの人はどのようなコンテンツ放映しているかと言うと、大きく分けて「静止画」「動画」「Webコンテンツ(タッチパネルコンテンツも含む)」の3種類になります。他にもセンサー・カメラを利用したインタラクティブコンテンツなどもありますが、今回の話しの中では取り扱わないでおきます。
それでは、それぞれの特徴・効果について解説していきます。

 

2.『静止画コンテンツ』

静止画コンテンツとは、サイネージコンテンツの中でも特に多く使われいる放映スタイルになります。単なる静止画といっても、サイネージの機能で1つの画面の中に静止画を何枚もスライドショーとして表示することができます。いままでは、紙媒体のポスターなどでは1枚の中に多くの情報を詰め込んで伝えていたものが、静止画のスライドショーに切り替えることにより詰め込んでいた情報を分散表示することができ、より魅力的に情報を通行人に向け発信することができます。ただ、表示枚数の詰め込み過ぎにはご注意を!!一番伝えたいことが何なのかを良く考えるのがポイントです!

【ポイント】

・動画コンテンツよりも制作コストを抑えることが可能→テンプレート利用でコスト削減♪
・綺麗な画像を大きく映し出すことができる
・飲食店や美容室などの店頭で料理の写真やメニュー表示などに向いている
・サイネージ機器の機能で簡単にスライドショーが作れる
・静止画で運用管理をするので、誰でも扱いやすく導入しやすい

 

3.『動画コンテンツ』

動画コンテンツとは、動きのある映像と共にBGMやナレーション付きの情報量が豊富な映像のことを言います。いまでは多くの企業が商材をアピールするために動画を活用しています。動画コンテンツの大きなメリットとして、視覚と聴覚から情報を与えることができるので、静止画よりも短時間でより多くの情報を流すことが可能です。

【ポイント】

・静止画よりも動きが出せる分、アイキャッチ効果が高い→動画サンプルをチェック!!
・具体的に商品などの特徴をアピールすることができる為、店頭で営業マンの代わりをしてくれる
・文章や写真だけでは伝えることが難しい細かな部分まで表現することができる
・静止画コンテンツよりも手間がかかる分、制作期間が長くなることが多い

 

4.『Webコンテンツ』

Webコンテンツとは、Webサイトを作る時に使用する技術を使い、サイネージ用途としてWebページをコンテンツとして表示する方法になります。
普段使用しているホームページをカスタマイズしてコンテンツ代わりにできるため、WebサイトのようにCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を組み込んでおけば、誰でもサイネージを簡単に更新することができます。
さらに、天気予報・災害情報・ニュースなどの外部情報を連携してコンテンツ配信できることもでき、サイネージの価値を高めることで関心を持ってもらいやすくなります。

【ポイント】

・手軽にコンテンツの内容を更新できる
・ホームページやSNSの内容を表示することも可能
・表示する内容を自由にカスタマイズ可能
・ネットワーク回線が途切れると表示が消えてしまうケースも
・手軽に天気予報・災害情報・ニュースなどのコンテンツ連携が可能
・サイネージ+テレビを組み合わせることも可能 →「PORABO

 

5.『コンテンツの制作依頼方法』

ここまで、コンテンツの種類についてお話ししてまいりましたが、
では、具体的にコンテンツ制作を依頼してみたいと思った時に何をどう準備したら良いのかが、
きっと問題になってくると思います。
例えば、、、
・コンテンツ制作を検討しているが何から考えたらよいのか
・商品・店舗・企業紹介などの映像制作の長さは3~5分?
・どんなコンテンツが良いのか
・制作期間はどのくらいかかるのか
・どのくらい予算の確保が必要か
などなど、色々と考えないといけないことがでてきますが、
詳しくは次回のブログ「デジタルサイネージコンテンツの制作依頼方法」でお話ししていければと思います。

 

6.『まとめ』

さて、ここまで色々とコンテンツ制作について紹介してまいりましたが、
サイネージで何が一番大事かをよく考え『目的にあわせたコンテンツ作り』が重要になってまいります。
「せっかくデジタルサイネージを導入したけど、集客がうまくいかなかった…」などということにならないよう、
サイネージの設置の仕方・店舗の立地・ターゲット層などによってアピールの仕方や目を引かせるポイントが変わってきますので、費用対効果が出るコンテンツ制作方法を十分に練ってほしいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

目次
1.屋外用サイネージディスプレイ を選ぶ際の注意点
2.IP規格とは?
3.輝度とは?
4.コントラスト比とは?
5.まとめ

 

1.屋外用サイネージディスプレイを選ぶ際の注意点

屋外でのサイネージ運用は屋内サイネージと違い、機器に求められる性能が高くなります。

設置ロケーションによっても変わってはきますが、雨や風、砂や埃に塵、照りつける太陽など、
様々な障害に耐えうる性能が求められます。
なので屋外用ディスプレイにはこの様々な障害からディスプレイを防御してくれる性能を有しているわけです。
その性能を見分けるのに確認してもらいたいのが下記の項目です。

・IP規格
・輝度
・コントラスト比

屋外用デジタルサイネージ導入を検討している方であれば一度は目にしているのではないかと思います。
それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

2.IP規格とは?

IP規格(Ingress Protection standard)電子機器の防水・防塵の規格。

IP00~IP68という表示で対応規格を示し、10の位が防塵、1の位が防水の指標となってます。

下の表をご覧ください

防塵性能

防水性能

以上のように設定されており、機器によって等級が違い、防御能力が変わってきます。

 

例えば、前回紹介したODS32sだとIP53相当になります。

豪雨や台風などの際は軒下や店内への退避が必要になります。

屋外デジタルサイネージを導入を検討している方は、機器の移動や、考えうる悪天候状況などをある程度想定してから、少なくともIP53以上目安に導入を検討すると良いでしょう。

 

3.輝度とは?

輝度とは、ディスプレイの画面の明るさを数値で表したものです。
単位は cd/㎡ ( カンデラ )というものが使われます。
これは光がどれくらい強いのかを表したものなのですが、「 350cd 」 とか 「 400cd 」 という形で表記されます。
数値が大きいほど明るく、小さいほど暗いということを意味しています。

輝度が高ければ高いほど視認性が上がります。
高くなれば明るくなり色も鮮やかに綺麗に映し出されます。

 

 

屋内用サイネージディスプレイでの輝度の目安

350〜700cd/㎡

ただ、350cdだと環境にもよりますが、見えづらい事がありますので450cd以上はあった方が良いと思います。

参考例

シャープ43V型

SONY BRAVIA 49/43V型

シャープ42V型

 

屋外用サイネージディスプレイでの輝度の目安

1200〜2500cd/㎡

上記程度の輝度がないと太陽光に負けて視認できなくなってしまいます。

参考例

ODS32s

BT-WP32TPX/15

KK-46

 

4.コントラスト比とは?

輝度が高くなれば光が強くなるので白い部分はより強くなりますが、
同時に黒い部分も一緒に明るくなってしまうので黒い部分が白浮きしてしまうのです。
この現象を左右するのが

 

コントラスト比です

コントラスト比とは画面に映し出された映像の

最も明るい部分と最も暗い部分の
輝度の差が、どれくらなのか比率で表したのものです。

4000:1とか1000:1などで表記されています。

左の4000が白、右の1が黒、つまり

黒を基準に、白をどれくらい明るく表示できるのか数値で表している。

なので、輝度が高くコントラスト比の比率が高いほど明暗の差がはっきりし、くっきり鮮やかに表現してくれるディスプレイとなります。

 

5.まとめ

今回は屋外用サイネージディスプレイを選ぶ際の注意点を見てきましたが、最低でもIP53以上、1200cd/㎡以上の性能を目安に選ぶ事をおすすめします。さらに輝度が高いディスプレイを選択する場合はコントラスト比も気にしておくと良いでしょう。

いかがでしたか? 防塵・防水性能にディスプレイの明るさ、屋外用サイネージディスプレイを選ぶ際の参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

目次
1.デジタルサイネージ について
2.デジタルサイネージ の種類
3.サイネージを始める際に用意する物
4.サイネージ機器を選ぶ際の注意点
5.Disitがオススメするサイネージ セットアップ
6.まとめ

 

1.デジタルサイネージ について

デジタルサイネージ(Digital Signage)、屋外の店頭や、公共交通機関など様々な場所に
液晶モニターを使用して情報を発信するメディアです。
自動販売機やインフォメーションパネルなど様々な場所で利用されていて、
一般的にもだいぶ認知されてきています。
「そろそろウチにも導入してみようかな?」
と考えている方もいると思いますし、実際もう検討し探している方も多いのではないでしょうか。

 

2.デジタルサイネージの種類

まずはデジタルサイネージの種類を見ていきましょう。
サイネージは大きく分けますと、

スタンドアローン型(オフラインタイプ)、
ネットワーク型(オンラインタイプ)

の二つに分かれます。

 

スタンドアローン型(オフラインタイプ)

大型モニター(43〜55ぐらい)をモニタースタンドに取り付け、
DVDやUSBメモリSDカードなどに映像や静止画コンテンツを入れ
ループ再生運用するタイプ。

ネットワーク型(オンラインタイプ)

全てのモニターはネットワークに繋がれていて、遠隔でのコンテンツ更新や
スケジュール管理、複数のモニター端末を管理することができます。
大型施設や全国規模のサイネージに使用されています。

様々な条件、ロケーションで合うものを選択するものですが、

 

「とりあえず1台から始めてみたい!」
「工事とかする前にまずは試してみたい!」
「とにかく安く簡単に始めてみたい!」

 

という方にオススメするのが
スタンドアローン型になります。

サイネージ用ディスプレイにはSDカードやUSBメモリーなどの記録メディアに
映像・静止画コンテンツを入れディスプレイ本体に差し込めば再生してくれる機能がついています。
なので必要なものは、ディスプレイ本体、記録メディア、ディスプレイスタンド(必要な場合)です。
自立タイプであれば設置工事も必要なく、簡単に導入する事が可能です。
設置する場所の移動も簡単にでき、店内のレイアウトや動線の変更も簡単に対応できるのも特徴です。

操作が簡単で特別な技術は必要がなく、初心者でも管理しやすいところも魅力のひとつ。
ネットワーク型では、専任のサイネージ管理スタッフが必要になる場合もあります。
しかし、小規模な店舗や施設では管理スタッフの確保が難しく、サイネージ導入自体が業務の負担になりかねません。
しかし、スタンドアローン型サイネージであれば、専任の管理スタッフが不要なので負担がありません。

 

3.スタンドアローンサイネージを始める際に必要になる物

 

次にデジタルサイネージ を始める際に必要な物を見ていきましょう。

・ディスプレイ(業務用モニター・TVモニターetc)

・ディスプレイスタンド(必要ない場合もございます)

・放映する映像コンテンツ(動画・静止画etc)

まずは情報を発信するためのディスプレイは必須ですね。
そして情報となるコンテンツ、これが一番重要です。
※コンテンツに関しては別記事(デジタルサイネージコンテンツの種類とその重要性)で詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。
ディスプレイスタンドに関しては設置場所にもよりますが、
店頭やビルエントランスなどでサイネージを運用する際は必要になります。

 

4.サイネージ機器を選ぶ際の注意点

続いてサイネージ 機器を選ぶ際の注意点を見ていきましょう。

設置場所を確認しましょう

・屋内設置or屋外設置
特に屋外への設置の場合は屋外専用の機器を選択しなければいけません。
・ディスプレイスタンドor壁掛け金具
どのような場所でどこに向けて情報を発信するのか?それによって設置方法も変わってきます。
設置場所の明るさや日差しがあるない、設置後に移動が必要などなど細かく調べておく事をお勧めします。

ディスプレイの大きさ

ディスプレイは設置する場所に合わせて適切なサイズ選ぶことが大事です。
・設置スペース
・想定される視聴距離
などを考慮しながら慎重に選びましょう。

ディスプレイの輝度

輝度とはディスプレイの明るさになります。
・屋内用であれば450cd以上
・屋外用であれば1200cd以上
上記を目安に選びましょう。

ディスプレイの防塵・防水性能

屋外用を選ぶ際に必須なのがこちら。
「IP(International Protection)」という規格があり
IPの後の数値が高いほど粉塵や水に対する防御能力が高くなります。
設置ロケーションに合わせたIPを選択しましょう。
※輝度や防塵防水性能に関しては別記事(屋外用ディスプレイを選ぶ時の注意点!)で詳しく書いていますので
そちらをご覧ください。

ディスプレイスタンドの素材・外観

最近は様々なデザイン・素材のものがあり選択肢も増えました、
設置する環境に合わせて、その場の雰囲気を壊さないものを適切に選びましょう。

 

5.Disitがオススメするサイネージ セットアップ

Disitでは初めての方にオススメするサイネージのセットアップをご用意しています。
このサイネージセットとコンテンツさえあれば
届いたその日からサイネージを始められます。

SONY 43V型 +粋なイーゼルスタンドセット シュバレット21【届いたその日からサイネージ】

ソニー製4KディスプレイとAVAWOODのシュバレットのセットアップです。
ソニーの4KディスプレイはFullHDのコンテンツしかなくても、4Kサイズへアップコンバートして映し出してくれます。
輝度が高く、映像の表現力がとても優れています。
シュバレットはスリムフレームとリッチな木製ベゼルで設置場所を選びません。

 

SHARP 43V型 +木製サイネージスタンドセット イーゼル【届いたその日からサイネージ】

SHARP製ディスプレイとAVAWOODのイーゼルのセットアップです。
世の中のサイネージで一番使われていると思われるSHARP製ディスプレイ。
輝度も高めで操作も簡単♪安定感がありオススメです。
イーゼルは、空間との調和目指したデザイン性、機能性、安定感に優れたスタンドです。

 

三菱 40V型E9シリーズ + ディスプレイスタンドセット【届いたその日からサイネージ】

三菱電機製4Kディスプレイとハヤミ工産製のディスプレイスタンドのセットアップです。
カンタンサイネージでお馴染みの三菱電機、4Kモデル登場です。
イーゼルは、ディスプレイスタンドのパイオニア、ハヤミ工産のスタンドです。
シンプルな造りで設置場所を選びません。

 

 

32インチ 屋外用 高輝度タイプ ODS32s

屋外用サイネージの決定版。
スタンド一体型になっているタイプになります。
1200カンデラの高輝度で昼間でも見えやすく、IP53の防塵・防水性能を備えています。

 

6.まとめ

今回はスタンドアローンサイネージを始めるにあたり必要になる事を見てきました。
まずは「どこで、誰に、どのような情報を伝えたいのか」というサイネージを始める目的をしっかり決めましょう。
その上で目的に沿った設置場所、設置機器、コンテンツを用意しサイネージを運用してく事をオススメします。

今回ご紹介した他にも様々な組み合わせのセットアップがありますので、デジタルサイネージ導入をご検討中の方々は
Disit Onlineを是非ご活用ください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

CONTACT

デジタルサイネージのことでお役に立てる自信があります。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:月~金 10:00~17:00/土・日・祝日 休み

『ディジットサイトを見た』と最初にお伝えください。
スムーズに担当者へおつなぎいたします。

新型コロナウイルスに対する社内外への感染被害抑止のため、
弊社では在宅勤務を導入しております。

電話が繋がらない場合は
こちらの電話またはメールにてお問い合わせください。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。