STAFF BLOG
スタッフブログ
公開日: 更新日:

After Effectsで『グリッチエフェクト』を作ってみよう!

カテゴリー:ブログBy 映像制作クリエイター:m.hosaka Posted

 

どーもこんにちわ!

チームDisitです。

すっかり夏ですね♪

オリンピックも始まり、

連日の日本人選手の活躍も続いておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

わたくし、やっとワクチン1回めが打てそうです!

副反応、、強く出ないことを祈りつつ

行ってまいります!

 

さてさて今回もAfter Effectsでのエントリーです。

今回のテーマは『グリッチエフェクト』です。

ホラー映画などでよくある一瞬画面が

乱れて歪んで違う映像が見えたりする

あれです。。。

TV見ててほんとにあったらちびります。。

なので今回もお猫様映像をベースに

恐怖感薄めで作ってみたいと思います!!

 

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく作っていきましょう。

 

恐怖感を忘れさせてくれるお猫様動画を用意します♪

 

今回はこの黒猫様のドアップ4k動画を用意しました!

えーと、順序が逆になってしまいましたが、、

新規コンポジションを作成します!

設定は下の画像のように、

今回は4Kサイズですね。

デュレーションは10秒で。

そして先ほど配置した、

黒猫様動画を選択してプリコンポーズします。

さらにさらに!

新規平面レイヤーを作成します。

こちらにフラクタルノイズをかけますので、

名前は下画像のようにしておきます。

はい、こんな感じですね。

 

ここからエフェクトをかけて参りますよ!!

エフェクト&プリセットで

「フラクタル」と検索します。

ノイズ&グレイン→フラクタルノイズがありますので、

こちらを平面レイヤーへかけます。

パラメーターは下画像のように設定すると

荒いモザイクのようになり、

展開のパラメーターにエクスプレッション設定をしているので

常にモザイクが早く蠢いている映像になります。

ここまで設定したら、

後でマップとして使用しますので、非表示にしておきます。

続いて、新規調整レイヤーを作成し、

プリコンの上に配置しましょう。

エフェクト&プリセットで

「ディスプレイス」と検索します。

ディストーション→ディスプレイスメントマップがありますので、

こちらを調整レイヤーへかけます。

そしてマップレイヤーの設定を

左側を先程の「Fractal noise」に、

右側を「エフェクトとマスク」に設定しします。

あとは「最大水平置き換え」と「最大垂直置き換え」の

パラメーターを調整してお好みの乱れを作りましょう!

ピクセルをラップするのチェックは入れておいてください、

乱れて黒くなった部分を補完してくれます♪

さらに、新規調整レイヤーを作成し、

乱れレイヤーの上に配置します。

エフェクト&プリセットで

「壊れた」と検索します。

image-Special Effects →壊れたテレビ3-受信不良がありますので、

こちらを調整レイヤーへかけます。

設定は下画像のように!

これでテレビ画面の走査線みたいなエフェクトがかかります。

次にプリコンした動画を

RGBの3色にわけます。

まずはredからいきましょう、

複製し名前を「R」としておきます。

そしてエフェクト&プリセットで

「マット、色かぶり」と検索します。

「マット設定、色かぶり補正」がありますので、

下画像のようにRレイヤーにかけます。

そして下画像のように設定します。

色かぶり補正の、「ブラックをマップ」「ホワイトをマップ」の設定は

RGBの対象色以外は0になるよう設定します!

同じ要領でGreenを作成します!

そうです、最後にBlueですね!

3色の設定が終わりましたら、

RGBのレイヤーを選択し、モードを「スクリーン」にします。

するとあら不思議、元に戻るんですね〜♪

最後にこの三つのレイヤーの位置にアニメーションをかけます!

任意の場所の始めと終わりにキーフレームを打ちます。

そして真ん中でキーフレーム打ったら、

3色それぞれ別々の位置に動かしますと

下画像のようにこれまただいぶ乱れた映像になってまいります。

怖さが増します。。。

以上で設定は終了です!

あとはお好みのタイミングでエフェクトがかかるように

各レイヤーを複製・調整しながら作ってみてください!

完成

ど、ど、どうですか?

おかしいですね、、、

お猫様は1匹の出演のはずだったのですが、

最後にもう1匹いたような、、、、。

 

これがグリッチエフェクトである!

ということではないので、

皆様お好みのもっともっと恐ろしく

恐怖感マシマシのグリッチエフェクト探して見てくださいね!

私ももっと恐怖感薄めのグリッチエフェクト探してみますw

その際はまたブログに載せたいと思います!

 

最後までご覧いただいた方ありがとうございました!

またお会いしましょう!

Disit(ディジット)とは?

デジタルサイネージサービス『Disit』は、「Digital Signage Thinkers」=「デジタルサイネージを思考する」という意味を持たせ、デジタルサイネージ導入に関するプランニング、配信システム構築、運用管理、ディスプレイ、筐体、撮影・映像制作・コンテンツ制作などの事業展開をおこなっています。

プランナー、ディレクター、デザイナー、コンテンツクリエイターが集まりチームを編成しており、ユーザやクライアントの課題をみつけ、お客様に合った手法を模索し的確なご提案をさせて頂きます。

デジタルサイネージの導入、相談がございましたら共栄メディア デジタルサイネージ事業部「Disit」までお問い合わせください。

この記事を書いた人
映像制作クリエイター:m.hosaka
映像制作のエキスパート。 主に大手メーカーのコンテンツ制作を手がける。 エンドユーザーに響く映像コンテンツの制作、提案を得意としています。 4Kコンテンツ制作までコンテンツ制作をトータルで手掛けます。

Disitのコンテンツ制作事例

CONTACT

デジタルサイネージのことでお役に立てる自信があります。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:月~金 10:00~17:00/土・日・祝日 休み

『ディジットサイトを見た』と最初にお伝えください。
スムーズに担当者へおつなぎいたします。

新型コロナウイルスに対する社内外への感染被害抑止のため、
弊社では在宅勤務を導入しております。

電話が繋がらない場合は
こちらの電話またはメールにてお問い合わせください。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。