After Effectsのロゴ

どーもこんにちは、デジタルサイネージ大好きTeam DISITです。

早いもので気がつけばもう11月、、皆さまいかがお過ごしですか?

今回はおなじみAdobe AfterEffectsで

超簡単にスライドショーを制作する方法を書いてみたいと思います。

おまけに今回は4Kサイズに挑戦!!

世界中のどなたか一人にでもお役に立てれば幸いです!

ではさっそく作っていきましょう。

まずはサイズを揃えた画像を複数枚用意しましょう。

今回は4Kサイズでの作成になるので、

3840×2160で画像サイズ統一し、事前にPhotoshopなどで作成しておきます。

当然コンポジションサイズも3840×2160で作成します。

After Effectsの操作画面

タイムラインに画像を並べます。

画像サイズとコンポジションサイズが同じなので、

ビタッと決まるはずです。

After Effectsの操作画面

次に、5秒のところで

編集→レイヤーの分割を選択します。

すると下画像のように5秒のところでレイヤーが分割され、5秒以降の新しいレイヤーができますので、

こちらのレイヤーは削除してしまいましょう。

After Effectsの操作画面

一番上の画像のスケールにアニメーションの設定をします。

パラメーター設定は任意ですが、今回は枚数が少ないので少なめのズーム設定にします。

110%拡大

After Effectsの操作画面

設定できたら、設定したレイヤーのトランスフォーム項目をコピーし、

残りの画像レイヤーを選択→ペースト。

After Effectsの操作画面

ここまでくればもう完成したようなもの。

アニメーション→キーフレーム補助→シーケンスレイヤーを選択します。

After Effectsの操作画面

オーバーラップにチェックを入れて

デュレーション→画像と画像が交差する時間になります。

トランジション→交差する方法

設定は下画像のように。

After Effectsの操作画面

すると、下画像のようにあら簡単!!スライドショーが簡単にできてしまいます!

After Effectsの操作画面

完 成


今回はブログ用に少ない画像で作成していますが、

もっと大量の画像でもできるので是非お試しください!

最後までご覧いただいた方ありがとうございました!

またお会いしましょう♪

CONTACT

デジタルサイネージのことでお役に立てる自信があります。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:月~金 10:00~17:00/土・日・祝日 休み

『ディジットサイトを見た』と最初にお伝えください。
スムーズに担当者へおつなぎいたします。

新型コロナウイルスに対する社内外への感染被害抑止のため、
弊社では在宅勤務を導入しております。

電話が繋がらない場合は
こちらの電話またはメールにてお問い合わせください。

STAFF BLOG

スタッフブログ

DISIT(ディジット)のスタッフが書くブログ。